FortiGate

FortiGate

FortiGate 共有トラフィックシェイパー(Shared traffic shaper)説明

FortiGate のトラフィックシェイパーはネットワーク帯域を制御するための機能です。以下は、トラフィックシェイパーの中でも「共有トラフィックシェイパー」についての説明です。
FortiGate

FortiGate IPごとのトラフィックシェイパー(Per-IP traffic shaper)説明

FortiGate のトラフィックシェイパーはネットワーク帯域を制御するための機能です。以下は、トラフィックシェイパーの中でも「IP ごとのトラフィックシェイパー」についての説明です。
FortiGate

FortiGate ライセンス有効期限を確認する方法

「システム」 → 「FortiGuard」をクリック
FortiGate

FortiGate VDOMの説明

仮想ドメイン(VDOM)は、FortiGate を独立して機能する2つ以上の仮想ユニットに分割するために使用します。VDOM では、セキュリティポリシーを個別に設定できるほか、NAT モードではルーティングと VPN サービスを接続されたネットワークごとに、完全に個別に設定できます。
FortiGate

FortiGate レーティングエラー発生時にWebサイトを許可について

「レーティングエラー発生時に Web サイトを許可」という設定は、ある日突然、すべての Web サイトが閲覧できなくなったときに有効な設定です。FortiGuard の Web フィルタリングライセンスの有効期限が切れていたり、Web フィルタリング機能の評価に関する問題が発生したときに、以下のようなメッセージが表示され、Web サイトが閲覧できなくなります。
FortiGate

FortiGate CLIでホスト名を変更する

TeraTerm などのターミナルソフトを利用し、FortiGate にアクセス。以下のコマンドを実行。config system global, set hostname <ホスト名>, end
FortiGate

FortiGate FortiGuardカテゴリベースフィルタの各アクションの説明

FortiGuard フィルタについて。このサービスを使用するには、FortiGate に有効なサブスクリプションが必要です。FortiGuard フィルタは、何十億もの Web ページをユーザーが許可またはブロックできる幅広いカテゴリに分類することで、FortiGate に付属する Web フィルタ機能を強化します。
FortiGate

FortiGate ログインパスワードを変更する方法

画面右上のユーザーアイコン(admin)をクリック。「パスワードの変更」をクリック
FortiGate

FortiGate CLIコンソールの使い方

別タブで表示させる方法→下図の右上矢印アイコンをクリック。別のタブで、CLIコンソールが開きます。
FortiGate

FortiGate 稼働時間(Uptime)を確認する方法

「ダッシュボード」 → 「Status」をクリック
FortiGate

FortiGate インターフェースの各タイプ説明書き

物理インターフェイスは、イーサネット ケーブルまたは光ケーブルで接続できます。FortiGate モデルによって、イーサネットまたは光物理インターフェイスの数は異なります。一部の FortiGate には、スイッチ機能を内蔵した lan とラベル付けされたインターフェイスのグループがあります。
FortiGate

FortiGate ハードウェアスイッチから特定のインターフェースを外す方法

ハードウェアスイッチは、複数の異なるポートをグループ化し、あたかも一つのインターフェースのように動作する仮想スイッチインターフェースです。
FortiGate

FortiGate fortilinkを削除する方法

fortilink は、基本的に FortiSwitch (ネットワークスイッチ) との連携で利用します。fortilink 用ポートと FortiSwitch を接続することで、FortiGate のインターフェイスから FortiSwitch の設定 / OS 更新 / ポートの使用状況確認などが可能になります。
FortiGate

FortiGate テーマカラーを変更する方法

「システム」 → 「設定」をクリック。下の方にスクロールします。ドロップダウンリストからお好みのテーマを選択します。以下の中から選択します。