GPO適用/確認コマンド gpupdate/gpresult 説明

プロモーションを含みます
プロモーションを含みます
前提
  • 一般ユーザーアカウント: suzuki
  • 管理者アカウント: admin
てこ
てこ

ある PC に一般ユーザアカウント「suzuki」がログインしているという前提で説明しています

強制的にGPOを適用させる

コマンドプロンプトを起動し、次のコマンドを実行します。管理者権限は不要です。

コマンド

gpupdate /force

適用されたGPOを確認する(ユーザーポリシーとコンピューターポリシー同時に)

1.管理者権限でコマンドプロンプトを実行します。

てこ
てこ

Windows + R 押下

てこ
てこ

cmd と入力し Ctrl + Shift を押しながら Enter 押下

てこ
てこ

コマンドプロンプトのタイトルに「管理者」と書かれていることを確認します

2.次のコマンドを実行します。

コマンド構文

gpresult /r /user <ユーザー名>

コマンド例

gpresult /r /user suzuki

”管理者権限”でコマンドプロンプトを実行する理由は「コンピュータポリシー」も表示させるためです。管理者権限がないと「ユーザーポリシー」しか表示されません。

以下、注意点

ユーザー指定せず (gpresult /r コマンド) とも GPO 適用状況は確認できますが、その場合はコマンドプロンプトを管理者権限で実行するために利用した管理者アカウントに適用されているユーザーポリシーが表示されます。

どういう事かというと、例えばコマンドプロンプトを管理者権限で実行させるために「admin」という管理者アカウントでコマンドプロンプト起動し、gpresult /r コマンドを実行した場合は、admin というアカウントに適用されているユーザーポリシーが表示されるということです。

suzuki アカウントに適用されているユーザーポリシーを確認したい場合は、
gpresult /r /user suzuki
というふうにユーザーを指定する必要があります。

適用されたGPOを確認する(ユーザーポリシーのみ)

コマンドプロンプトを起動し、次のコマンドを実行します。管理者権限は不要です。

コマンド

gpresult /r

/r は、結果表示を「要約した結果表示」にしてくれるオプションです。
このオプションを指定しない場合は結果表示が長くなります。

適用されたGPOを確認する(コンピューターポリシーのみ)

1.管理者権限でコマンドプロンプトを実行します。

てこ
てこ

Windows + R 押下

てこ
てこ

cmd と入力し Ctrl + Shift を押しながら Enter 押下

てこ
てこ

コマンドプロンプトのタイトルに「管理者」と書かれていることを確認します

2.次のコマンドを実行します。

コマンド

gpresult /r /scope computer

コンピューターポリシーを確認するには「管理者権限」が必要です。

この記事を書いた人
てこ

ITインフラエンジニアのアウトプットブログ。
IT技術やWindows Tips、ガジェットレビューなどを書いてます。
当サイトはリンクフリーです。

written by Terra Yuuki
PR
サーバーWindows Tips
てこエンジニアブログ