Excel 条件付き書式 特定のセルが空白以外の時、その行全体をグレーアウトする

プロモーションを含みます。
プロモーションを含みます。

やりたいこと

条件付き書式を利用して、E列(調査済み)に「済み」などの文字を入力すると、その行全体を自動的にグレーアウトしたい。

今回は、E列(調査済み)が ”空白以外” の時に、その行全体を自動的にグレーアウトさせる方法を紹介します。

「条件付き書式」の設定方法

1.グレーアウト化対象のセルを範囲選択します

(タイトル部分以外の)表全体を選択

2.「ホーム」 → 「条件付き書式」 → 「新しいルール」

3.「数式を使用して、書式設定するセルを決定」をクリック
4.「次の数式を満たす場合に値を書式設定」の下にあるボックス内をクリック

5.その状態で、E列(調査済み)の(表の1行目の) E3 のみを選択します

6.自動的にセル位置が入力されます

ここでは、=$E$3 が自動入力されました

7.セル位置の直後に、<>”” を半角で入力します

=$E$3<>””

てこ
てこ

"" が「空白」、<> が「ノットイコール」を意味します

8.数字の直前にある $ を削除します

=$E3<>””

9.「書式」をクリック

10.「塗りつぶし」タブをクリック
11.好きな色(グレー)を選択し、「OK」をクリック

12.「OK」をクリック

13.条件付き書式設定が完了しました

E列(調査済み)に文字を入れると自動的に、その行全体がグレーアウトするようになります。

「条件付き書式」設定の削除方法

ホーム」 → 「条件付き書式」 → 「ルールのクリア」
→ 「シート全体からルールをクリア

上記の方法だと、他の条件付き書式設定を含め、シート内すべての条件付き設定がクリアされるため注意が必要です。

今回設定した条件付き書式のみクリアする場合

手順1で選択した範囲を再度選択状態にし、「選択したセルからルールをクリア」をクリック

この記事を書いた人
TerraYuuki

ITインフラエンジニアのアウトプットブログ。仕事や資格勉強などを通じて得たIT技術やWindows Tips、ガジェットレビュー記事を主に書いています。

written by Terra Yuuki
PR
Windows Tips
てこエンジニアブログ