中国簡体字「KaiTiフォント」を追加する方法(図解)

プロモーションを含みます。
プロモーションを含みます。

簡体字の「KaiTi フォント」を追加する方法を紹介します。

KaiTi フォントは、そもそも Windows OS に組み込まれてはいますが、「機能の追加」から追加しない限りフォントとして使用することができません。

Windows 11 (バージョン 22H2) での追加方法を記載しています。Windows のバージョンによっては手順が違う場合があります。

簡体字(かんたいじ)とは
従来使用されてきた字体「繁体字(はんたいじ)」を簡略化した字体のことです。
中国本土、シンガポール、マレーシアなどで使用されています。

フォントのインストール手順

Windows ロゴ + I キーを押下し「設定アプリ」を起動します。

設定アプリの左側メニュー一覧にある「アプリ」をクリック

「オプション機能」をクリック

「機能を表示」をクリック

検索ボックスに「中国」と入力

「簡体字中国語補助フォント」のチェックボックスをオン
「次へ」をクリック

「インストール」をクリック

しばらくするとインストールが完了します。
(※PC によって差はありますが、10分~20分程度かかります)

フォントのインストール確認

KaiTi フォントがインストールされているかを確認します。

Windows ロゴ + R キーを押下し「ファイル名を指定して実行」を起動

fonts と入力し Enter または「OK」をクリック

検索ボックスに「kaiti」と入力。

「簡体字中国語補助フォント」が”インストール済み”となってからここに反映されるまで、しばらくかかるようです。

フォントのアンインストール

「設定アプリ」→「アプリ」→「オプション機能」
「アンインストール」をクリック

この記事を書いた人
TerraYuuki

ITインフラエンジニアのアウトプットブログ。仕事や資格勉強などを通じて得たIT技術やWindows Tips、ガジェットレビュー記事を主に書いています。

written by Terra Yuuki
PR
Windows Tips
てこエンジニアブログ