FortiGate 共有トラフィックシェイパー(Shared traffic shaper)説明

プロモーションを含みます。
プロモーションを含みます。
TerraYuuki
TerraYuuki

FortiGate のトラフィックシェイパーはネットワーク帯域を制御するための機能です。以下は、トラフィックシェイパーの中でも「共有トラフィックシェイパー」についての説明です。

共有トラフィックシェイパーは、ファイアウォール シェーピング ポリシーで使用され、指定されたタイプのトラフィック使用の優先順位と保証帯域幅および最大帯域幅を示します。

最大帯域幅は、ポリシーの使用時に許可されるトラフィックの最大量を示します。 最大帯域幅は 1 ~ 16,776,000 Kbps の値に設定できます。 この範囲外の値が使用されると、GUI にエラーが表示されます。 無制限の帯域幅を許可する場合は、CLI を使用して値 0 を入力します。

保証された帯域幅により、利用可能な一貫した予約帯域幅が確保されます。 保証帯域幅を設定するときは、その値がインターフェイスの帯域幅容量より大幅に小さいことを確認してください。 そうしないと、インターフェイスでは他のトラフィックの通過がほとんどまたはまったく許可されなくなり、不要な遅延が発生する可能性があります。

共有トラフィックシェイパーでは、管理者は特定のトラフィックに高、中、または低の優先順位を付けることができます。 FortiOS は、高優先度の接続が帯域幅を必要としない場合にのみ、低優先度の接続に帯域幅を提供します。 たとえば、電子商取引トラフィックをサポートする必要がある安全な Web サーバーに接続するためのポリシーには、高いトラフィック優先順位を割り当てる必要があります。 重要性の低いサービスには低い優先順位を割り当てる必要があります。

共有トラフィックシェイパーを設定する場合、ポリシーごとまたはすべてのポリシーに帯域幅シェーピングを適用できます。 デフォルトでは、共有トラフィックシェイパーは、共有トラフィックシェイパーを使用するすべてのポリシーにトラフィックシェーピングを均等に適用します。

https://docs.fortinet.com/document/fortigate/7.4.2/administration-guide/933502/shared-traffic-shaper
この記事を書いた人
TerraYuuki

ITインフラエンジニアのアウトプットブログ。仕事や資格勉強などを通じて得たIT技術やWindows Tips、ガジェットレビュー記事を主に書いています。

written by Terra Yuuki
PR
FortiGate
てこエンジニアブログ