FortiGate レーティングエラー発生時にWebサイトを許可について

プロモーションを含みます。
プロモーションを含みます。
環境

機種: FortiGate 50E
ファームウェア: 6.2.15

「レーティングエラー発生時に Web サイトを許可」という設定は、ある日突然、すべての Web サイトが閲覧できなくなったとき等に有効な設定です。

FortiGuard の Web フィルタリングライセンスの有効期限が切れていたり、Web フィルタリング機能の評価に関する問題が発生したときに、以下のようなメッセージが表示され、Web サイトが閲覧できなくなります。

Web Page Blocked

An error occurred while trying to rate the web site using the webfiltering service.

設定方法

てこ
てこ

「セキュリティプロファイル」 → 「Webフィルタ」

てこ
てこ

「レーティングエラー発生時にWebサイトを許可」を「オン」

その他の解決方法

Webフィルタリングライセンスを更新

すべての Web サイトが閲覧できなくなった原因のほとんどは、FortiGuard の「Web フィルタリングライセンス」の有効期限が切れていたという理由が多いと思います。

その場合、「レーティングエラー発生時に Web サイトを許可」設定をオンにすることによって回避することもできますが、根本的な解決のために「Web フィルタリングライセンス」を更新しましょう。

セキュリティプロファイル(Webフィルタ)をオフ

また、IPv4 ポリシー(ファイアウォールポリシー)で「セキュリティプロファイル」の「Web フィルタ」をオンにしている場合は、設定をオフにすることで回避することもできます。

まとめ

すべての Web サイトが閲覧できなくなったときに有効な方法は、以下の3つのいずれかです。

  • 「レーティングエラー発生時にWebサイトを許可」設定をオンにする
  • 「Web フィルタリングライセンス」を更新する
  • IPv4 ポリシー(ファイアウォールポリシー)の「Web フィルタ」をオフにする

参考
Fortinet Community

この記事を書いた人
TerraYuuki

ITインフラエンジニアのアウトプットブログ。仕事や資格勉強などを通じて得たIT技術やWindows Tips、ガジェットレビュー記事を主に書いています。

written by Terra Yuuki
PR
FortiGate
てこエンジニアブログ