FortiGate 新しい管理者アカウントを作成する方法

プロモーションを含みます
プロモーションを含みます
環境

機種: FortiGate 50E
ファームウェア: 6.2.15

設定方法

てこ
てこ

システム」 → 「管理者」をクリック

てこ
てこ

新規作成」をクリック

てこ
てこ

管理者」をクリック

  • ユーザ名…任意のユーザ名を入力
  • タイプローカルユーザを選択
  • パスワード…任意のパスワードを入力
  • 管理者プロファイル…super_admin を選択
  • (任意)信頼されるホスト1…上記の ユーザ名 で入力したアカウントでこの FortiGate にログインする際、指定した接続元 IP アドレスのみにアクセス許可を与える
てこ
てこ

OK」をクリック

てこ
てこ

new-admin が追加されました。

(備考)管理者プロファイルについて

※選択できた管理者プロファイルは、以下の4つ。

  • admin_no_access
  • prof_admin
  • super_admin
  • super_admin_readonly

特に理由がない場合は、super_admin を選択しましょう。

super_admin

super_admin について

super_admin は、FortiGate の全ての設定項目に対して読み書きができます。
Linux でいうところの root に当たります。なんでも出来るすごいやつ。

prof_admin

prof_admin について

デフォルト設定では、以下のような権限になっています。
super_admin と同じですが、権限のカスタマイズが可能です。
また、prof_admin には他管理者の ID やパスワード変更の権限がありません。

admin_no_access

admin_no_access について

admin_no_access は、以下のような権限になっています。
prof_admin とは違い、権限のカスタマイズはできません。

super_admin_readonly

super_admin_readonly について

super_admin_readonly は、以下のような権限になっています。
prof_admin とは違い、権限のカスタマイズはできません。

この記事を書いた人
てこ

ITインフラエンジニアのアウトプットブログ。
IT技術やWindows Tips、ガジェットレビューなどを書いてます。
当サイトはリンクフリーです。

written by Terra Yuuki
PR
FortiGate
てこエンジニアブログ