ロジクール M650 Signature マウスレビュー

プロモーションを含みます。
プロモーションを含みます。

ロジクールの「M650 Signature マウス」についてレビューします。

M650 Signature マウスレビュー

このマウス、とても良いです。

シンプルかつ小型で扱いやすい。

その中でも良いと思うところは、「スクロールホイール」です。

公式では「SmartWheel スクロール」と呼ばれていますが、これの何が良いかというと、スクロールホイールを『ッターンッ』と勢いよく弾くと、その慣性のままスクロールしてくれることです。

通常スクロールホイールは、1コリ、2コリ、3コリと、1ノッチずづしかスクロールしませんが、この「SmartWheel スクロール」では、数ページ分一気にスクロールしてくれます。

これが快適で仕方がないのです。

次に良いところは「戻る」「進む」ボタンが装備されていることです。

これもまた、Web サイト閲覧時に重宝します。

サイズ感について

平均的な身長の男性からすると少し小さめに感じますが、小さいマウスが好きな人にとっては扱いやすい大きさです。

このマウスの「L」サイズも持っていますが、サイズ感はちょうど良いと感じるものの、持ち上げるときに、ほんのわずかですが難しさを感じます。

今のところ「M」と「L」は、交互に使っています。

ペアリングについて

Bluetooth 接続が「1つ」、USB レシーバー(Logi Bolt USBレシーバー)接続が「1つ」あります。これは必要十分でしょう。

マウス底面にある丸いボタンを長押しすることで、ペアリングモードへ移行します。

Logi Bolt USBレシーバーは同梱されており、マウス本体に収納できます。

重量について

重量は「101.4g」で、バッテリーは搭載されておらず、単三形乾電池1本で「最長24ヶ月」駆動します。これもまた必要十分でしょう。

ボタンのカスタマイズについて

もう一つお気に入りの点は、ボタンの役割をカスタマイズできること。

「Logi Options+」というソフトを使うことで、「戻る」「進む」ボタン、「ホイール」ボタンを好きな役割に割り当てることができます。

役割には、「好きなキーボードショートカット」や「コピー」、「ウィンドウを最小化」など様々なものがあります。

また、「マウスポインタの速度」なども変更することができます。

おまけ機能と言ってはなんですが、このマウスは「水平スクロール」にも対応しています。

「戻る」ボタンを押しながら「スクロールホイール」を回すことで横にスクロールすることができます。

カラーバリエーションについて

カラーバリエーションも豊富です。

「オフホワイト」「ローズ」「グラファイト」「レッド」「ブルー」があります。

Sinature マウスの種類

今回紹介したマウスは「M650」ですが、同形状でボタンの数などが違うマウスも存在します。

  • M650・・・「戻る」「進む」ボタンがある
  • M550・・・「戻る」「進む」ボタンがない
  • M750・・・「戻る」「進む」ボタンに加え、もう一つボタンがスクロールホイールの手前側にある。さらに、最大3台の Bluetooth デバイスに接続することができる。

総評

良かった点

  • シンプルかつ必要最低限の機能がそろっている。
  • 他のマウスにはない「SmartWheel スクロール」という数ページ分一気にスクロールしてくれる機能がある。
  • クリック音が図書館でも使える静かさ
  • 手が届く価格帯。
  • 小型なので持ち運びに便利で、カバンにさっと入れられる。
  • カラーバリエーションが豊富。

良くなかった点

気にしたことはないですが、強いて挙げるとすれば以下の点。

  • 「戻る」「進む」ボタンの音が、左右クリック音に比べて大きい
この記事を書いた人
TerraYuuki

ITインフラエンジニアのアウトプットブログ。仕事や資格勉強などを通じて得たIT技術やWindows Tips、ガジェットレビュー記事を主に書いています。

written by Terra Yuuki
PR
ガジェットレビュー
てこエンジニアブログ