Azure ストレージのレプリケーション LRS/ZRS/GRS/RA-GRS 解説

プロモーションを含みます。
プロモーションを含みます。

ローカル冗長ストレージ(LRS)

一般的な冗長の意味は、「無駄が多くて長いこと」ということを指しますが、IT 用語では、「システムやサーバーなどを複数用意し、障害に備えておくこと」を指します。

このような状態を「冗長性がある」と言います。

LRS : Locally Redundant Storage

サーバーラック/ディスクレベルの障害耐性

(プライマリ・リージョンの)1つのデータセンター内の3つの物理ディスクへ、データを同期的にコピーします。

そのため、2つのディスクが壊れてしまった場合でも、引き続きデータを利用することができます。

ローカル冗長ストレージは、他のレプリケーションに比べ、最も安価です。

エンドポイントとは、Azure サービスへのアクセスを提供する機能のことです。

具体的には、データへアクセスする際の「URL」のことになります。

てこ
てこ

ストレージ持続性(年間)は、99.999999999%(イレブンナイン)

ゾーン冗長ストレージ(ZRS)

ZRS : Zone Redundant Storage

データセンターレベルの障害耐性

ゾーンとは、同じリージョン内の複数のデータセンターを、いくつかの場所に分けたもの

(プライマリ・リージョンの)異なる3つのデータセンターそれぞれの物理ディスクへ、データを同期的にコピーします。

そのため、1つのデータセンターで災害などが起こったとしても、別のデータセンターにあるデータを引き続き利用することできます。

ゾーン冗長ストレージは、ストレージアカウントの種類が「汎用 v2 Storage」でのみサポートされます。

てこ
てこ

ストレージ持続性(年間)は、99.9999999999%(トゥエルブナイン)

geo 冗長ストレージ(GRS)

GRS : Geoジオ Redundant Storage : 地理的冗長ストレージ

リージョンレベルの障害耐性

プライマリ・リージョン1つのデータセンター内の3つの物理ディスクへ、データを同期的にコピーします。

その後、何百キロも離れたセカンダリ・リージョンの、1つのデータセンター内の3つの物理ディスクへも、データを同期的にコピーします。

そのため、プライマリ・リージョンで大規模な災害が起こったとしても、セカンダリ・リージョンにあるデータを引き続き利用することできます。

てこ
てこ

ストレージ持続性(年間)は、99.99999999999999%(シックスティーンナイン)

読み取りアクセス geo 冗長ストレージ(RA-GRS)

RA-GRS : Read Access Geo Redundant Storage

リージョンレベルの障害耐性+ セカンダリ・リージョンのデータへの読み取りアクセス

GRS と同様に、プライマリ・リージョン1つのデータセンター内の3つの物理ディスクへ、データを同期的にコピーします。

その後、何百キロも離れたセカンダリ・リージョンの、1つのデータセンター内の3つの物理ディスクへも、データを同期的にコピーします。

そのため、プライマリ・リージョンで大規模な災害が起こったとしても、セカンダリ・リージョンにあるデータを引き続き利用することできます。

GRS との違い

GRS では、フェールオーバーしない限り、セカンダリ・リージョンのデータへのアクセスができませんでしたが、RA-GRS では、フェールオーバーしなくとも最初から(セカンダリ・リージョンへのエンドポイントが構成されているため)セカンダリ・リージョンのデータへのアクセスが(読み取り専用で)可能です。

読み取り専用について

プライマリ・リージョンおよびセカンダリ・リージョンに対し、同時に書き込みができてしまうと、競合の問題が発生するため、セカンダリ・リージョンのデータは、読み取り専用となっています。

『データ検索し、その結果を表示する』というような用途であれば、セカンダリ・リージョンのデータも利用することにより、負荷分散が期待できます。

プライマリ・リージョンでの大規模な災害などによってフェールオーバーした際には、セカンダリ・リージョンのデータへのアクセスは、読み取り専用ではなく、読み書きができるようになります。

てこ
てこ

RA-GRS のストレージ持続性(年間)は、GRS と同様、99.99999999999999%(シックスティーンナイン)

この記事を書いた人
TerraYuuki

ITインフラエンジニアのアウトプットブログ。仕事や資格勉強などを通じて得たIT技術やWindows Tips、ガジェットレビュー記事を主に書いています。

written by Terra Yuuki
PR
Azure
てこエンジニアブログ