NISAを調べまくった私が伝えたい「新NISAの心得」

プロモーションを含みます
プロモーションを含みます

旧NISAから投資を始め、約4年が経ちました。

NISAは非課税・無期限

投資は通常、利益の約20%が税金としてかかります。

NISAでない投資の場合、利益に対し税金が 20.315% かかります。

しかし新NISAでは、それがありません。

つまり新NISAは、投資の非課税制度です。

これが最大の特徴であり、メリットです。

通常の投資では、例えば以下のように税金が引かれます。

  1. 自己資金100万円を投資したとします。
  2. 10%の利益が出たとします。
  3. 通常の投資では利益の10万円に対し、約20%の税金がかかります。
  4. そのため、2万円が税金となり、手元に残るのは108万円となります。

新NISAでは税金がかからないため上記の例では、110万円が手元に残ります。

もし、

  • 500万円を投資していた場合は550万円が
  • 1000万円を投資していた場合は1100万円が

税金が引かれずにそのまま手元に残ります。

NISAは税金がかからない。

非課税期間もすごいことになっています。

旧NISAでは非課税期間が有限でしたが、新NISAでは「無期限」になりました。

つまり、一生涯、利益に対して1円も課税されません。

投資をするつもりなら、新NISAを使わないという選択肢はなくなるはずです。

新NISAは一生涯、課税されない。

NISAの由来

NISA は、イギリスの ISAアイサ という制度をもとに作られました。

ISA とは「Individual Savings Account」の略で、日本語に直訳すると「個人貯蓄口座」です。

この ISA には国民に投資を促進するという目的があるため、税制の優遇措置がとられています。

ISA は個人貯蓄口座のことを指しますが、その制度自体のことも指しています。

この ISA の頭に Nippon を付け加えたのが「NISAニーサ」です。

つまり NISA は日本版 ISA のことで、税制の優遇措置がとられた「個人貯蓄口座」もしくは、その制度自体のことです。

NISA = Nippon Individual Savings Account

「つみたて投資枠」と「成長投資枠」

新NISAには、2つの投資枠があります。

1つは「つみたて投資枠」、もう1つは「成長投資枠」です。

それぞれ次のような特徴があります。

つみたて投資枠

毎月少額をコツコツつみたてる投資枠

つみたて投資枠の毎月の投資限度額は、最大10万円

年間だと最大120万円まで投資が可能。

生涯だと最大1800万円まで投資が可能。

ただし「成長投資枠」にも投資している場合は、1800万円から成長投資枠の投資額を引いた額が「つみたて投資枠」の生涯投資限度額になります。

たとえば「成長投資枠」に500万円投資していた場合は、「つみたて投資枠」の生涯投資限度額は、1300万円になります。

「つみたて投資枠」の投資対象商品は、金融庁が厳選したリスクの少ない投資信託に限定されます。

その銘柄には、例えば「S&P500(米国株式)」や「全世界株式(オールカントリー・オルカン)」などがあります。

「S&P500」にいたっては、投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェット氏が奥様に対し「私が死んだら資産の90%をS&P500に投資するよう」指示したことで有名です。

これらの銘柄は購入している人が多く信託報酬(保有額に対する手数料)も非常に低いため、人気商品となっています。

信託報酬は、

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
0.05775% (年)

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
0.09372% (年)

となっており年間0.1%を切っています。

これは、500万円の資産があったとしても、年間で5千円以下の手数料しかかからないことを意味しています。

  • 毎月、最大で10万円まで投資できる
  • 年間、最大で120万円まで投資できる
  • 生涯「つみたて投資枠」のみで運用した場合、最大で1800万円まで投資できる
  • 「成長投資枠」も併用した場合は「つみたて投資枠」「成長投資枠」の合計額が1800万円まで投資できる
  • 投資できる銘柄は「成長投資枠」より少ない
  • 投資できる銘柄は比較的リスクが低いものが多い

成長投資枠

大金を好きなタイミングで一括投資できる投資枠

証券会社によっては、「成長投資枠」であったとしても「つみたて投資枠」のように、たとえば毎月1万円をコツコツ積み立てるといった積立設定をすることもできます。

成長投資枠は年間最大240万円まで投資可能です。

たとえば2024年4月に一括で240万円を投資したら、2024年の「成長投資枠」ではもうこれ以上投資することができません。

次の年、2025年になれば「成長投資枠」に240万円の枠ができます。

好きなタイミングで一気に投資したい場合は「成長投資枠」を利用するのが良いでしょう。

なお「成長投資枠」の生涯投資限度額は、最大で1200万円までとなっており「つみたて投資枠」に比べ、600万円少なくなっています。

毎年、年間投資限度額の240万円を投資したとすれば、最短5年で成長投資枠の生涯投資限度額が埋まります。

注意してほしいのは「つみたて投資枠」と「成長投資枠」の両方に投資していた場合は、「つみたて投資枠」と「成長投資枠」を合わせた投資額が生涯投資限度額(1800万円)以下でなければならないという点です。

たとえば「つみたて投資枠」に1000万円投資していた場合は、「成長投資枠」の生涯投資限度額は、800万円になります。

「成長投資枠」で投資できる銘柄は「つみたて投資枠」に比べ、リスクが高めの銘柄にも投資することが可能です。

リスクが高い分、リターンも大きいです。

  • 大金を好きなタイミングで一括投資できる
  • 「成長投資枠」であっても積立投資ができる
  • 年間で最大240万円まで投資できる
  • 「つみたて投資枠」も併用した場合は「つみたて投資枠」「成長投資枠」の合計額が1800万円まで投資できる
  • 「成長投資枠」の生涯投資限度額は1200万円
  • リスクは上がるがリターンが大きい銘柄にも投資できる

NISA投資の心得

長期投資

基本的に長期投資で考えます。

長期とは10年・20年以上のことを指します。

1年や2年もしくは、5年程度では元本割れするリスクが十分に考えられますが、10年・20年と続ければ続けるほど元本割れするリスクが減り、資産が増える確立が上がります。

これは過去の歴史を鑑みると一目瞭然です。

一度つみたて設定をした後は、10年・20年と保有し続けることが最も良い運用方法でしょう。

『どのくらい増えているかな』と気になることもあるでしょうが見てはいけません。

なぜなら減っているかもしれないからです。

減っていると、とても不安になります。

損を増やしたくないがために『今のうちに売っておこう』と思うようになります。

NISAは長期運用が前提で作られています。

長期運用では、下がる時期があるのが当たり前です。

「投資をしていることを忘れること」が成功の秘訣です。

新NISAの始め方

オンライン証券会社を利用し、NISA口座を開設します。

今のところ、以下の2つが2強です。

  • 楽天証券
  • SBI証券

好きな方で良いでしょう。

どちらでも良い場合は、使いやすい楽天証券が良いでしょう。

NISA口座を開設したら、次は「つみたてNISA枠」で銘柄を選び、毎月の積立額を設定します。

あとは、資産の取り崩しを始める時期まで放置するだけです。

どうしても「成長投資枠の銘柄」を購入したい場合は、成長投資枠で購入後に成長投資枠で積立設定をすれば良いでしょう。

どの銘柄を買えばいいか

基本的に「投資信託(インデックスファンド)」一択です。

インデックスファンドとは市場全体の動きを表す代表的な指数に連動した成果を目指す投資信託です。
インデックスとは指標、ファンドとは投資信託のことで、パッシブファンドとも呼ばれます。

https://www.smbc.co.jp/kojin/toushin/gimon/purchase10/

たとえば個別株(1企業の株)を買うこともできますが、その企業の業績が下がり続けたり、最悪の場合、倒産したりと1企業だけに絞るのはリスクがとても大きいです(その分上がった時のリターンも大きいですが)。

投資信託は簡単に言えば「S&P500(米国株式)」や「全世界株式(オルカン)」のことで、S&P500ではアメリカの企業500社に、全世界株式では世界の企業3000社に投資するようなイメージです。

1社・2社に投資するのと、500社・3000社に投資するのではどちらの方がリスクが少ないでしょうか。

「S&P500」や「オルカン」を勧めている訳ではありません。

投資において、リスクを考えることはとても大切なことです。

もし、何を買ったら良いのか分からない場合は、「つみたて投資枠で買うことができる銘柄」を買っておけば良いでしょう。

比較的リスクが少ない銘柄しかありません。

ただし、リスクがないわけではないので覚悟を持って投資しましょう。

結局どの銘柄を買えばいいのかというと、これは、あなた自身が信じ続けられる銘柄を選べば良いです。

世界は発展し続けるんだと思ったならば「オールカントリー」を選べば良いですし、アメリカが発展し続けると思ったなら「S&P500」などを、日本だと思ったなら「日経225」などを、インドだと思ったなら「インド株Nifty50」などを選べば良いです。

暴落は必ずどこかで来ます。そんな時でも狼狽せずに持ち続けられる銘柄が一番良いです。

「暴落が来ても、また絶対に上がる」と信じた銘柄だけを購入するようにしましょう。

NISAをやらないリスク

新NISAは、2024年1月から開始されました。

今後 NISA をやる人・やらない人で、結構な差が開いていると予想できます。

また、100万円を「預金」している場合と「投資」している場合とでも同じことが言えます。

たとえば100万円を何もせずそのまま置いておいた場合、10年後それは、100万円の価値がない可能性の方が高いです。

投資し100万円を100万円以上に増やしておくことで、ようやく「100万円が100万円としての価値を維持できる」ということです。

まとめ

  • NISA とは投資の非課税制度のこと、しかも無期限
  • イギリスの ISA をもとに作られた
  • 「つみたて投資枠」と「成長投資枠」がある
  • 生涯投資限度額は、1800万円
  • 投資は長期目線(10年・20年以上)で考える
  • 成功の秘訣は投資していることを忘れること
  • 投資する商品は「投資信託(インデックスファンド)」一択
  • このインフレ時代に NISA をやらないリスクも考える

投資は自己責任で

この記事を書いた人
てこ

ITインフラエンジニアのアウトプットブログ。
IT技術やWindows Tips、ガジェットレビューなどを書いてます。
当サイトはリンクフリーです。

written by Terra Yuuki
PR
投資
てこエンジニアブログ