設問「VRRPの規格では、最大【  】組の仮想ルータを構成することができる」

プロモーションを含みます。
プロモーションを含みます。

令和4年 春期 ネットワークスペシャリスト 午後Ⅱ 問2 設問1 (1) で出題された設問について理解していきましょう。

設問内容

「VRRP の規格では、最大【  】組の仮想ルータを構成することができる。」

令和4年 春期 ネットワークスペシャリスト 午後Ⅱ 問2 設問1 (1)

※ 問題冊子はこちら

https://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/mondai_kaitou_2022r04_1/2022r04h_nw_pm2_qs.pdf

さて何組になるでしょうか?

これは VRID の範囲について知識があれば答えられる問題でした。

それでは VRID について学んでいきましょう。

VRIDとは

  • VRRP (仮想ルータ冗長プロトコル) ルータグループの識別子。具体的には番号のこと。
  • VRRP グループを構成するルータには、同じ値を設定する必要がある。
  • VRID は 1~255 の10進数で指定します。

以下は、RFC 5798 から抜粋したものです。

6.1. Parameters Per Virtual Router

VRID
Virtual Router Identifier. Configurable item in the range 1-255 (decimal). There is no default.

(↓翻訳)

VRID
仮想ルーターの識別子。1-255 (10 進数) の範囲で設定可能な項目です。デフォルトはありません。

https://tex2e.github.io/rfc-translater/html/rfc5798.html

上記のことから、最大255組ということですね。

ちなみに VRID は、VRRP仮想MACアドレスにも関わってきます。

VRRP仮想MACアドレスは、VRID から自動的に生成され、VRRP仮想MACアドレスの末尾2桁を担う番号にもなります。

VRRP仮想MACアドレスの例
00:00:5e:00:01:{VRID}

VRID が 2 だとすると、VRRP仮想MACアドレスは

00:00:5e:00:01:02

VRID が 255 だとすると、VRRP仮想MACアドレスは

00:00:5e:00:01:FF
この記事を書いた人
TerraYuuki

ITインフラエンジニアのアウトプットブログ。仕事や資格勉強などを通じて得たIT技術やWindows Tips、ガジェットレビュー記事を主に書いています。

written by Terra Yuuki
PR
ネットワークスペシャリスト
てこエンジニアブログ