【英語キーボード+ULE4JIS】JIS設定のままUS配列で更にCapslockでIMEオフオンする

プロモーションを含みます。
プロモーションを含みます。

英語キーボードで自分にとって一番良い「IME 切替え方法」を探していた時だった。

『求めていたものはこれだ』

それは見つかったんだ。

「ULE4JIS」というUSレイアウトエミュレータ

今まで全く知らなかった「ULE4JIS」というフリーソフト。

このソフトは、Windows OS のキーボードレイアウト設定は日本語のままで、このソフトを起動するだけで US 配列にしてくれる、とても単純で優れたフリーソフトだ。

しかも、US 配列ではできなかった、単体キーでの IME オフ/オンも実現してくれる。

このフリーソフトの説明書きはこうだ。

Happy Hacking Keyboardなど、英語配列のキーボード(US配列/101キーボード)を使用している方は、JIS配列用のキーボード・レイアウト・ドライバに悩まされた経験はありませんか?

本来、日本語版Windowsで英語配列のキーボードを使用するためには、レジストリを修正してドライバを切り替え、システムの再起動などを行う必要があります。
しかし、一時的に使用しているPCなどでは、わざわざそのためにレジストリを変更することはできませんし、再起動などもってのほかです。
ULE4JISを使用すれば、ドライバの変更無しに、英語配列を再現できます。

しかも、インストールや再起動などの作業は一切不要。
実行したその瞬間から、慣れ親しんだ英語配列キーボードが使用できます。

https://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se476294.html

以下は、ダウンロード先。

Vector もしくは GitHub、好きな方からどうぞ。

ソフト名: ULE4JIS
説明:JIS配列用ドライバで、英語配列キーボードを正しく使用できるようにする

▼ Vector
https://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se476294.html

▼ GitHub
https://github.com/dezz/ULE4JIS/tree/master/publish

通常、英語キーボードを利用するには、OS の設定から「ハードウェアキーボードのレイアウト」を「英語キーボード (101/102) キー」に変更する必要がある。

(下図参考)

しかも、設定を有効化するために、再起動が必須である。

この「再起動」というものは時間がかかるため、できればやりたくないものである。

デフォルトのIMEオフ/オン方法は Alt + `~

Alt + `~

Shift + Capslock (※Microsoft IME の場合)

英語キーボードには、日本語キーボードにある 全角/半角 がないので IME を切り替えるには全角/半角 と同じ位置にある `~ を、Alt と一緒に押すことで IME のオフ/オンができる。

こうする理由は、よく分かる。

しかし、2つのキーを押す必要があるし `~ は遠い。

なので、できれば他の方法が良い。

よく使われているIME切替え方法

英語キーボードでよく使われている「IME オフ/オン切替え方法」は以下。

英語キーボードでよく使われている IME 切替方法

Ctrl + スペース

Shift + スペース

私もよく Ctrl + スペース を使っていた。

これはこれで使いやすかった。

ただ、できることなら、2つキーの同時押しではなく、単体キーの方がいいとずっと思っていた。

ULE4JIS(USレイアウトエミュレータ)

そんな中、出会ったのが「ULE4JIS」だ。

このフリーソフトには、以下のようなメリットがある。

  • 「JIS配列設定」のまま「US配列」が利用できる。
    (つまり、OS 側の設定変更が不要)
  • (US 配列へ設定変更不要のため)OS の再起動が不要
  • ソフトのインストール作業が不要
  • 専用ドライバ切替不要
  • ソフト単体で実行可能 (ランタイムや VM が不要)
  • Capslock キー単体で IME Off/On が可能

「ハードウェアキーボードのレイアウト変更」からの OS 再起動が不要になるメリットは大きい。

昨今、複数の PC を利用することが当たり前になっている。それを考えると、設定は簡単に越したことがない。

ただ、「ULE4JIS」も設定が全く不要なわけではない。

以下のような設定作業は必要だ。

  • ソフトのダウンロードと展開(解凍)
  • スタートアップに登録
  • CapslockキーでIMEを切り替える設定(※必要な場合)

基本的には、上記の上から2つの設定のみで良い。

「ULE4JIS」のダウンロードは、以下の URL から。
https://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se476294.html

展開(解凍)すると2つだけファイルがある。

  • Ule4Jis.exe
  • Readme.txt

非常にシンプルだ。

ソフトを起動すると以下のようなメッセージが表示され、[隠す] ボタンを押すとタスクバーに駐在する。

このミニウィンドウは今のところ、最小化状態で起動する方法は見つかっていない。

これは「US レイアウトで動作していますよ」ということを毎回知らせることを目的とした、作者の配慮によるものだろうと思っている。

ソフトが起動していると以下画像のようにタスクバーにアイコンが駐在するようになる。

この状態は、「ハードウェアキーボードのレイアウト」の「英語キーボード (101/102) キー」設定が完了し、さらに「OS の再起動」が終わっているのとほぼ同じ状態だ。

IME設定

あとはもう、自分の好みにあった IME Off/On の切替え方法を「IME の設定」から実施すれば全ての設定が完了する。

「IME の設定」とは、Microsoft IME や Google 日本語入力での設定のことを指します。

次に当記事タイトルにもあるように、「Capslock単体でIMEオフオン」切り替えの設定方法を紹介しようと思う。

その前にまずこれだけは覚えておいてほしい。

日本語キーボードの Capslock キーは、IME では「Eisu」に割り当てられていること。

「ULE4JIS」起動中でも Capslock キーは JIS 配列の Capslock キーとして動作すること。

Eisu について

日本語キーボードでは Capslock 単体が「Eisu」。

英語キーボードでは Shift + Capslock で「Eisu」。

「ULE4JIS」では、そもそも OS の ハードウェアキーボード設定を「日本語キーボード (106/109) キー」のまま利用するため、 Capslock 単体が「Eisu」となる。

日本語キーボード(106/109キー)のまま利用する

Google日本語入力

キー設定の選択 → 「編集

「Eisu」に対して、以下のように「IME を無効化」「IME を有効化」を割り当てる。

Microsoft IME

Microsoft IME については、日本語キーボードでの「Capslock」と同じ動作をするため、特に何も設定することなく IME オフ/オンの切り替えができる。

ただ、日本語キーボードでの「Capslock」による IME の切り替えは、全角/半角 のそれとは全く同じではないため、利用しているアプリによっては、上手く切り替えられないことがあるかもしれないので注意が必要だ。

「ULE4JIS」をスタートアップに登録

「ULE4JIS」をスタートアップに登録する方法は以下。

  1. Ule4Jis.exe のショートカットを作成
  2. Windows + R (ファイル名を指定して実行)
  3. shell:startup Enter
  4. 作成したショートカットをスタートアップフォルダに入れる

最後に

普段利用しない Capslock キーを、日本語キーボードでいうところの 全角/半角 キーとして割り当てることができました。

さらに、「ハードウェアキーボードのレイアウト変更」と「OS の再起動」が不要というところが本当に良くて「ULE4JIS」はおすすめです。

「ULE4JIS」はインストールが不要なため、会社の PC などにも簡単に導入できるでしょう。

(OS の設定で US 配列に変更しないため)会社の PC を返却するときも、設定を元に戻す必要がありません。

「もっと早く出会いたかった」というフリーソフトは今までもありましたが、このフリーソフトには、もっともっと早くから出会っていたかった。

Web 検索でもなかなか引っかからなかった方法なので、このやり方はあまり普及していないのかもしれません。(検索方法の問題かも?)

まとめ

「ULE4JIS」のメリットのまとめ。

  • 「JIS配列設定」のまま「US配列」が利用できる。
    (つまり、OS 側の設定変更が不要)
  • (US 配列へ設定変更不要のため)OS の再起動が不要
  • ソフトのインストール作業が不要
  • 専用ドライバ切替不要
  • ソフト単体で実行可能 (ランタイムや VM が不要)
  • Capslock キー単体で IME Off/On が可能

▼「ULE4JIS」の導入に必要な設定

  • ソフトのダウンロードと展開(解凍)
  • スタートアップに登録
  • CapslockでIMEを切り替える設定(※必要な場合)

▼「ULE4JIS」ダウンロード

ソフト名: ULE4JIS
説明:JIS配列用ドライバで、英語配列キーボードを正しく使用できるようにする

▼ Vector
https://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se476294.html

▼ GitHub
https://github.com/dezz/ULE4JIS/tree/master/publish

日本語キーボードにも使ってみた

これを「日本語キーボード」に使えば、記号入力がしやすい日本語キーボードができるができるんじゃないかと思い、早速試してみた。

案の定、記号の配列は US 配列になり、無変換 変換 キーは使えるしで、もう言うことがない。

「ULE4JIS」は、無変換 変換 キーをそのまま利用できます。

日本語キーボードは PFU の HHKB を使っているため、キーマップ変更ツールでキー配列のカスタマイズができる。

EnterBackspace を英語キーボード寄りに変更し、配列をカスタマイズしてみた。

さらに、英語配列用のキートップへとカスタマイズした。

▼ その時の画像

▼ キーマップ設定

日本語キーボードなのに US 配列、という混乱しそうな状態ではあるものの、「日本語」「英語」キーボードの双方のメリットを享受したキーボードを市販のキーボードで作成することができた。

この記事を書いた人
TerraYuuki

ITインフラエンジニアのアウトプットブログ。仕事や資格勉強などを通じて得たIT技術やWindows Tips、ガジェットレビュー記事を主に書いています。

written by Terra Yuuki
PR
Windows Tips
てこエンジニアブログ