FortiGate CLIでホスト名を変更する

プロモーションを含みます。
プロモーションを含みます。
環境

機種: FortiGate 50E
ファームウェア: 6.2.15

てこ
てこ

TeraTerm などのターミナルソフトを利用し、FortiGate にアクセス

てこ
てこ

以下のコマンドを実行

構文

config system global
set hostname <ホスト名>
end

コマンド例

config system global
set hostname FGT-50E-CLI-STUDY
end

end Enter で、設定が保存されます

てこ
てこ

ホスト名が「FGT-50E-STUDY」から「FGT-50E-CLI-STUDY」に変更されました

てこ
てこ

ここからは、コマンドの解説をしていきます

てこ
てこ

config コマンドは、(config に続く引数の)設定階層に移動します

config・・・Configure object.(オブジェクトの設定)

てこ
てこ

system は、「システム」について

system・・・System operation configuration.(システム動作設定)

てこ
てこ

global は、「グローバル属性」について

global・・・Configure global attributes.(グローバル属性の設定)

てこ
てこ

つまり config system global は、システムのグローバル属性について設定するコマンドです

てこ
てこ

set hostname は、ホスト名を設定します

てこ
てこ

end Enter で、設定階層を抜けつつ、設定を保存します

この記事を書いた人
TerraYuuki

ITインフラエンジニアのアウトプットブログ。仕事や資格勉強などを通じて得たIT技術やWindows Tips、ガジェットレビュー記事を主に書いています。

written by Terra Yuuki
PR
FortiGate
てこエンジニアブログ